旬のふく

旬のふく

Vol.6 スタイリングの幅を広げる「シャツ」の可能性

扉をあけた、その先に 読む 旬のふく 1 分

2024年の春夏シーズン、スローンのラインナップに加わった「シャツ」。ニットブランドがシャツを手がけるに至った背景に触れつつ、この新しいアイテムの魅力や着こなしのポイントを解説。


カットソーと並ぶ、春夏の新たな定番に

「温暖化が進む昨今の気候と、スローンのこれからという課題に向き合い、ブランドとして次にチャレンジできるアイテムは何だろうと考え抜いた結果、辿り着いたのがシャツだったんです」と語るのはスローンの商品企画担当者。

ブランドの原点に立ち返り、シンプルで品がよく、サイズ展開によってユニセックスで着用できるもの。それを追求することで完成したシャツは、ほどよいリラックス感を漂わせつつ、上品に着こなせるサイジングが特徴。空気を纏うかのような軽い着心地で、これからのシーズンに大いに重宝しそうだ。


上品な見た目×カジュアルな着心地の両立

素材はシルクに劣らない光沢を放つスーピマコットンと、しなやかな風合いと美しい光沢を併せ持つシーアイランドコットン。この2つの極めて上質な素材を、普段使いしやすいカジュアルなデザインに落とし込んだ。1mmピッチの繊細なステッチや、袖に施した細かなタック等、ディテールはドレスシャツを踏襲しつつ、ベーシックなレギュラーカラーにはソフトな襟芯を使用することで、印象や着心地はあくまでもカジュアル。高めの位置で切り替えたヨークとボックスプリーツが立体感のあるバックスタイルを演出し、気負いなく着られるシャツに仕上がっている。

 

Tシャツの上にも、ニットの下にも モデル身長178cm 着用サイズ5

軽やかさが際立つシャツは、Tシャツの上に重ねるラフな着こなしがよく似合う。袖のボタンはカフスと剣ボロに計2つ。剣ボロに配したボタンを留めた状態で袖を折り返すと、容易に形が作りやすいのもうれしいポイント。上にニットを重ねるときは、シャツのゆるりとしたシルエットに合わせ、リラックス感のあるニットを選ぶとバランスよくまとまる。

剣ボロ…シャツの袖空き部分のこと。 剣の様な形からこう呼ばれる。

モデル身長178cm

 

女性は好みに合わせたサイズ選びを

同じデザインを2つの素材、全3色で展開しており、サイズは「3」と「5」の2サイズ。女性なら「3」でスタンダードフィット、ゆるっと着たいときは「5」というように、コーディネートや好みに合わせたサイズ選びが楽しめる。

モデル身長164cm

同系色のニットの上に羽織り、アンサンブルのように着こなすのもおすすめ。

ロング丈のシャツワンピースも要チェック

並々ならぬこだわりを詰め込んだシャツをベースに、襟をバンドカラーにアレンジしたワンピースも登場。スーピマコットン素材のストライプと、コットンリネン素材のギンガムチェックという、トラッドな雰囲気の2タイプを揃えた。 1枚でさらっと着られる十分な着丈も見逃せない。

仕立てのいいシャツは、大人のマストハブアイテム。ワードローブに組み込んで、デイリーコーディネートの幅を広げてみては?

 

Writer:葛畑 祥子